青汁健康比較 > レビュー > お年寄りにおすすめ > キューサイのはちみつ青汁

キューサイのはちみつ青汁

総合評価 4.0
★★★★☆

1982年から青汁を作り続けて30年以上、「マズイ!もう1杯!」のCMで有名になった老舗メーカーといえば「キューサイ」です。
キューサイが初期からこだわって青汁の原料として使用しているのが「ケール」です。
当時の青汁はCMの通り飲みにくさが欠点でしたが、ケールの栄養価は魅力的なため、ハチミツやオリゴ糖、黒糖など自分で甘みを加え工夫して飲んでいる人も多かったようです。
今では飲みやすいよう改良された青汁が増え、キューサイからも数種類販売されていますが、今回は「最初からはちみつが配合されているのでおいしくて飲みやすい」「わざわざ甘みを加えなくてもいいから楽」と評判の「はちみつ青汁」を紹介します。

キューサイのはちみつ青汁はケール100%


キューサイは「ケール」にこだわって青汁を作っています。
ケールは「野菜の王様」ともいわれるように、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、栄養価の高い野菜です。
抗酸化作用を持つ「β-カロテン」、目の健康を保つ「ルテイン」や質の良い睡眠を助ける「メラトニン」も含まれています。
日本ではそのまま食べることは少ないですが、海外ではヘルシー食品・ダイエット食品として人気があります。

キューサイのはちみつ青汁は、農薬・化学肥料をいっさい使用せずに育てられたケール使用し、栄養を余すことなく摂取できるよう丸ごと使用して粉末化しています。
ケールの栽培から、飛散農薬までキューサイが徹底的にチェックしていますから安心して飲むことができますね。
原材料欄を確認すると、「ケール」「はちみつ」「有胞子性乳酸菌」「ビタミンC」「ビオチン」と表記されています。
他の野菜とブレンドしたりせず、添加物や保存料が入っていないのもポイントが高いですよね。

はちみつ青汁の原材料「有胞子性乳酸菌」「ビオチン」って何?

「有胞子性乳酸菌」とは、胞子を形成するタイプの乳酸菌です。
熱や胃酸に強いため生きたまま腸に届き、腸にとどまる時間も長いのが特徴です。
はちみつ青汁には「有胞子性乳酸菌」が2億個も配合されています。
腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて腸の動きを活性化させてくれますから、便秘解消やダイエットにも効果が期待できますね。

「ビオチン」とは、水溶性ビタミンの一種で、「ビタミンB7」「ビタミンH」「コエンザイムR」などと呼ばれることもあります。
皮膚炎の原因となる「ヒスタミン」を抑制したり、代謝を助けコラーゲンを生成するなど、 皮膚や髪の健康を維持するビタミンです

キューサイのはちみつ青汁はハチミツ入り


栄養価の高さは群を抜いている「ケール」ですが、青臭くえぐみがあり飲みづらいのが欠点でした。
キューサイのはちみつ青汁は、健康食品や化粧品などで有名な山田養蜂場の品質の良いハチミツを配合してあるので、「自然な甘さが加わり飲みやすい」「ケール独特のクセを感じにくい」といった口コミが多くありました。
特に牛乳や豆乳で溶かすとまろやかになり、子どもも「抹茶オレ」感覚で飲むことができます。
リンゴジュースで割ったり、ホットケーキミックスに混ぜたり、カップスープのもとと合わせたりとアレンジができるので、子どもがどうやっても野菜を食べなくて栄養面が心配だというママの強い味方となってくれるかもしれません。

しかし、飲みやすくなったとはいえ、ケール特有の香りはしっかり残っており「飲みづらい」と感じる人も中にはいるようです。
 

飲みやすいだけじゃない。「はちみつ」の効果とは?

「はちみつ」は「天然のサプリメント」という人もいるほど健康と美容に良い健康食品です。
主成分は「ブドウ糖」「果糖」で、胃や腸に負担をかけずに素早くエネルギー変換され、疲労回復を助けます。
砂糖よりも甘く満足感があるのに、砂糖より低カロリーなのでダイエットにも適していますね。
ビタミン類・ミネラル類、アミノ酸、酵素など豊富な栄養素を含んでいますが、特に注目されているのは「カリウム」と「コリン」です。
体内の塩分濃度を調整し血圧の上昇を抑えてくれる「カリウム」は高血圧予防に効果的。
「コリン」は、血管や脳の健康に有効で、動脈硬化や認知症予防に効果が期待できるといわれています。
風邪の時に喉にいいからとハチミツを勧められますよね。
ハチミツの殺菌作用で喉の細菌の増殖を抑えることができるからです。
その他、整腸作用もあるんですよ。

キューサイのはちみつ青汁なら1日分の緑黄色野菜を摂取できる


厚生労働省は、成人で1日350g以上の野菜(その中で緑黄色野菜は120g以上)を摂取することを推奨しています。
しかし、どの年代においても実際は目標を大きく下まわっています。
普段の食事だけでは野菜を充分摂取することが難しくなっているなか、飲むだけで野菜不足を解消できるのが青汁です。
キューサイの「はちみつ青汁」は、1杯(7g)で生野菜70g相当の栄養を補うことができます。
1日2杯飲めば、緑黄色野菜摂取目標量である120gをクリアできますね。

はちみつ青汁をオススメできない人

血栓症で「ワーファリン」という薬を服用している人は、飲む際には注意が必要です。
「ワーファリン」は、血液の凝固を防ぐ薬なのですが、はちみつ青汁に含まれる「ビタミンK」には血液を凝固させる作用があるからです。
飲みたい場合は、必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。

また、1才未満の赤ちゃんに「はちみつ」は与えてはいけません。
なぜなら、はちみつには、「ボツリヌス菌」が含まれている場合があるからです。
腸内細菌が少なく抵抗力の弱い乳幼児は「ボツリヌス病」を引き起こし、呼吸筋麻痺が起こる可能性もあります。

一言コメント
総合評価 摂取できる食材・栄養素が豊富。野菜不足を実感している人にピッタリ
美味しさ こだわりの山田養蜂場はちみつブレンドで美味しい
栄養価 カルシウム・β-カロテン・ビタミンCが特に豊富
安心感 国内トップクラスの水準を誇るキューサイ分析研究所でチェック
青汁感 青汁の定番「ケール」を使用しているので風味しっかり
コスパ 定期コースなら1ヶ月分3518円(税別)と続けやすい
名称 はちみつ青汁スティックタイプ 内容量 7g×30本
主原料 ケール・はちみつ 主原料産地製法 ケール(国内産)契約農場で無農薬栽培/はちみつ(山田養蜂場)
形状 粉末 包装タイプ スティックタイプ
一日量の目安 2本
原材料名 ケール、はちみつ、有胞子性乳酸菌、ビタミンC、ビオチン
保存方法、 お召し上がり方 スティック1本を100~150㏄の水や牛乳に混ぜてお召し上がりください。 高温多湿及び直射日光を避けて冷暗所で保存してください。
栄養成分表示 スティック1本あたり エネルギー 26kcal / タンパク質 0.9g / 脂質 0.2g / 糖質 3.8g / 食物繊維 1.3g / ナトリウム 21mg / ビタミンC 76mg / ビタミンK 86μg / ビオチン,15μg / カルシウム 91mg / カリウム 123mg / 有胞子性乳酸菌 2億個
ご購入プラン 1杯あたり 価格 送料
定期購入 109円 3518円(税込) 送料無料
通常購入 121円 3909円(税込) 500円

キューサイのはちみつ青汁の概要

価格 3257円~
1杯あたりの価格 108.5円
内容量 210g (7g×30本)
1日量の目安 2包
主原料 ケール,はちみつ,有胞子性乳酸菌,ビタミンC,ビオチン
主原料産地 国内産
製法形状 粉末

カテゴリー